書籍のご紹介

< 書籍執筆の紹介 >

期待と不安の交差するAI
人工知能狂騒曲  堀越政美著 (非売品)

この度、丸の内AI倶楽部顧問、堀越政美が著書を執筆いたしました。
AIの専門書でありながら、そのわかりやすさは
専門家だけでなく、AIをはじめて学ぶ方にとって、最適な著書となっております。
ご興味のある方は丸の内AI倶楽部までお問い合わせください

第1章 はじめてのAI(考える葦/AIの足音/身近なAI/頼みの経済成長)
第2章 人工の知能 (AIの定義/知能/中国語の教室/AIの類型)
第3章 AIの適用  (人間との違い/AIの得意不得意/AIの研究開発/AIの適用分野/AIの利用者)
第4章 シンギュラリティ(技術の進歩/シンギュラリティの由来/概念/ムーアの法則/ベーシックインカム)
第5章 AIを支える技術(学習/機械学習/教師あり学習/教師なし学習/強化学習/ディープラーニング/推論)
第6章 AIシステム (AIシステムの取り組み/AIシステムの構想/AIシステムの構築/訓練データの質と量/信頼できるAI/AIエンジニアの育成)
第7章 人間対AI (AIと人間の違い/人工生命/ロボットと奴隷/AIの教育/神になるAI)
第8章 AIの未来 (AIの未来/ハッピーライフ/監視と戦争/デジタルツイン/デジタルクローン)