Virus is a crisis… and also a driver for AI adoption

新型コロナウイルスは危機であり、企業がAIを導入する機会でもある。

(English to follow)

シリコンバレーから2回目のAIブログを発信します。

こちらシリコンバレーは、在宅避難指令が発令されてから2ヶ月目になります。
Googleでは「コロナウイルス」ついて「AI」の10倍近く検索されており(図1参照)、世界中で今コロナウイルスウイルスとその影響が注目されています。

このような不安定で先が見えない現在、AIがウィルスと戦うためにどのように力を提供しているのか、いくつかの例を挙げながら見てみましょう。

例1、AIからの早期警告
2019年最後の日、BlueDot(カナダのソフトウエア会社)のAIプラットフォームが中国武漢の市場あたりで「異常な肺炎」が起きている、と警告を出しました。これは今明らかになっているCOVID−19のことであり、世界保健機関(WHO)が新しいコロナウイルスの出現について声明を発表した、9日前の出来事でした。
BlueDot AI エンジンは、世界中の150種類を超える疾患と症候群に関するデータを24時間、15分おきに検索し、収集するエンジンです。

これには世界保健機関(WHO),アメリカ疾病予防管理センター(CDC)などの組織の公式データが含まれます。
BlueDotはAIとデータ分析で、Covid-19 のような疾病の蔓延を予測します。
AIで10万以上の専門文書と毎日65カ国語で発表されるオンライン投稿をふるい分け、すぐに
BlueDotの社員に警告を出し、BlueDotの社員が2003年のSARSのことを連想しました。
AIと人間の協力で、COVID−19の早期警告をすることができました。

例2、患者をサポートするAIロボット
1月23日、米国ワシントン州、初めての新型コロナウイルス患者が病室で隔離されました。ウイルスの感染を防ぐ為、AIロボットが使用されました。このロボット医師にはカメラ、マイク、聴診器が付けられています。米国で新型コロナウイルスの症例増加に伴い、Boston Dynamicsや、MITなど、研究機関で作られているロボットを感染者の増加が激しい病院などに導入し、血圧、脈拍、呼吸速度、体温などの体の基本情報を測り、薬を配布するなどのサポート作業をします。ロボットを使うことによって、人と人の接触を減らし、感染リスクを低くしました。

例3、AIによる迅速で精度の高いリサーチ
オープンデーターソース”COVID-19 Open Research Dataset”又は “CORD-19”は、米国ホワイトハウスのリクエストにより作られ、59,000以上の新型コロナウイルスに関する学術論文が含まれています。
このデータセットが設置される目的は、世界中の研究者を動員し、AIの自然言語認識で新しい発見をし、新型コロナウイルスの流行を早く抑圧することです。
情報量が多いことは良いことですが、膨大なデーターセットをリサーチ・レビューすることは研究者にとってとても大変です。そこでAI2 (Allen Institute for AI), Microsoft, Facebookなどの組織はホワイトハウスと一緒にAI使ってデータを整理、AIの自然言語処理で学術論文データを分析しました。
AIは常に拡大する膨大なデータ量の処理を可能にし、情報過多の対策を行い、研究者のリサーチを比較的に容易にします。
このAIによるアプローチは拡大するコロナウイルスの戦いに貢献できます。

例4、企業のコールセンターのAIソリューションの導入を加速
新型コロナウイルスの世界中の拡大で、米国などの地域では航空会社、銀行、クレジットカードなどの顧客サービスセンターの利用件数が急増している一方、感染拡大を防ぐため、コールセンターの職員が在宅勤務に移行していく中、リモートチームの管理は課題となっています。例えば、電話応対しているスタッフが疲れていて休憩が必要とする場合、コールを転送した方が良い場合などが挙げられます。AIを使ってこのようなサービスの穴を埋めることができます。
AIと顧客サービスの一部を自動化することは新しいことではなく、新型コロナウイルスの前から存在しています。ウイルスの拡散で、まだ完璧ではないAIソリューションでも、企業がいち早く導入し、人と共存できる様な使い方を進めています。

例5、新型コロナウイルスの影響で常に変化するビジネス環境をAIで管理
Alice Technologiesはシリコンバレーの建築ベンチャー企業で、AIによる工程管理のサービスを提供しています。10分間で100万通りの工程シミュレーションができ、その中で一番効率の良い工程を推奨してくれます。世界各地のゼネコン大手がAlice TechnologiesのAIサービスを利用しています。新型コロナウイルスで従業員、資材の配送などのスケジュールが大きく変化する中、Alice Technologies社は顧客であるゼネコンに工程シミュレーションのサポートを提供することで、ゼネコンは迅速で変化に応じた決断ができ、顧客の工事と中核事業を管理できるようにしました。
Alice TechnologiesのようなAIの能力はコロナウイルスの後でも建築会社にとって必要なデジタルツールだと私は思います。

5つの例のように、新型コロナウイルスの流行に伴い、AIの導入が明らかに進んでいます。
企業があらゆるリソースを集め、人の力とAIを合わせることで、困難を克服しようとしています。
– プロセスの一部でもAIロボットで自動化し、人と人の接触を減らす
– 溢れる情報の中、キーワード、指定する情報をすぐに引出す
– 従業員の減少による穴をAIで埋める
– 常時変化する環境下での迅速対応
– …

新型コロナウイルスは企業(個人)に様々な課題を突きつけました。その結果、基礎の見直し(コラボレーションツール、在宅勤務アプリなど)、新しいデジタルツールの導入、人とAIの連携による業務の完遂を促進させました。今世界中のみなさんが、医療関係の会社や組織がAIを駆使して予防注射と治療方法を早く確立させることを望んでいます。
私達もAIの力を使って企業の価値と将来を改善させるよう努力いたします。


Jun S Hibbard – シリコンバレーから皆様にArtificial Intelligence (AI)トレンド、ベストプラクティス、専門家の声をお届けします。ご感想、聞きたいトピックスなどありましたら是非ともご連絡ください。
Greeting from Silicon Valley, California! I am Jun and run a consulting firm to support Japanese companies that drive and create innovation solutions by leveraging technologies like AI.
Let me know your thoughts, topics you will like to know.

日本語訳:Masaki
早稲田大学教育学部卒業。ライター、編集、翻訳アシスタントとして様々なプロジェクトに携わる。


(English)

Virus is a crisis… and also a driver for AI adoption

Hello from Silicon Valley. Here is the 2nd edition of AI Blog. Of course it is hard not to talk about Covid-19, as we in the bay area enter month two of shelter in place. Yes, the world is concerned about the Coronavirus virus and its impact. I went on Google and found out that people search “Coronavirus” almost ten times more than “AI”. (see Figure 1.)

In such an uncertain and challenging pandemic period, let’s take a look at how AI provides additional power to fight Covid-19, with a few examples.

Example One: Early warning by AI
On the last day of 2019, BlueDot artificial intelligence platform picked up on a cluster of “unusual pneumonia” cases happening around a market in Wuhan, China, and flagged it. BlueDot had spotted what would come to be known as COVID-19, nine days before the World Health Organization released its statement alerting people to the emergence of a novel coronavirus.
The BlueDot engine gathers data on over 150 diseases and syndromes around the world searching every 15 minutes, 24 hours a day. This includes official data from organizations like the Center for Disease Control or the World Health Organization.
The BlueDot, via artificial Intelligence and data analytics, predicts the spread of diseases like Covid-19. With AI, the system was able to sift through 100,000 articles and online posts daily in 65 languages, and then alert BlueDot’s employees, who immediately saw parallels to the deadly SARS outbreak in 2003.
AI and Human together provided an early waring of Covid-19.

Example Two: Patient supportive Care by AI Robotics
Jan. 23rd, The first confirmed US Covid-19 patient in Washington state is being isolated in a tiny room and treated by a robot as doctors try to prevent an outbreak. The robot “doctor” has a camera, microphone, and stethoscope With the Covid-19 case surges, more physician researchers are exploring the potential use of intelligent robots developed at Boston Dynamics and MIT to deploy in Covid surge clinics and inpatient wards to perform tasks (obtaining vital signs or delivering medication). These steps will thus reduce human contact, and the risk of infection.

Example Three: AI supports experts to do research better and faster
The ”COVID-19 Open Research Dataset”, or “CORD-19”, was created in response to a request from the White House’s Office of Science and Technology Policy. There are more than 59,000 scholarly articles about the novel coronavirus for use by the global research community.
This dataset is intended to mobilize researchers to apply recent advances in natural language processing to generate new insights in support of the fight against this infectious disease.
It’s great to have many information, while the core problem is information overload in research. Companies like AI2(Allen Institute for AI), Microsoft, Facebook work with White House, takes advantage of AI tools to organize, uses natural language processing to analyze scientific papers about coronavirus, It helps researchers better analyze and understand a growing set of scholarly articles about coronavirus. AI helps to combat information overload, making it easier for researchers find relevant studies. This could lead to new insights or approaches to address the COVID-19 outbreak.

Example Four: Coronavirus prompts companies to adopt AI call center solutions
As the spread of COVID-19, customer service centers, like for airlines or banks and credit card companies,have been experiencing an unprecedented high call volume. Customer representatives are increasingly ordered to work from home in the U.S. and elsewhere, with an impact that it is harder to manage these remote teams, e.g., see who is getting tired, who needs a break, and perhaps even to shift calls from one area of the country to another. Some of these companies turn to AI to close the resulting gaps in service.
Injecting AI and automation into customer service is not new, it exists before the pandemic. The covid-19 pandemic forced organizations to bring AI solution which might not be perfect, to make it work with human resource.

Example Five: AI make it possible to manage the business instant changing during Covid-19 period
Alice Technologies, a Silicon Valley construction technology startup, uses AI to generate millions of construction project schedules in less than 10min, to recommend the most efficient schedule choices to project managers. It has been adopted by many general contractors globally. During this pandemic, construction companies are facing constant changes of workforce, material delivery etc., Alice Technologies helped their clients to adjust construction project schedules in a few minutes, to help to make better decision and manage the projects and customers’ core business.
I believe that AI power from innovative startups like Alice Technologies will become an essential business digital tools for construction companies even after pandemic.

In summary, Covid-19 is driving the adoption of AI
Covid-19 is forcing enterprise to gather all kind of “force”, human, AI, and make it work together to address the challenges:
– Replace the gap of reduced resources
– Quickly response to constant environmental and business changes
– Deal with big data and get new hints instantly to anticipate and take action
– Automate certain process and workload to reduce human-contact
– …

Covid-19 “pushed” enterprises (and all individuals) to enhance our foundation (collaboration tools, WFH infatuations), adopt the human resource with digital tools, integrate human-intelligence with Artificial Intelligence. While we all still hope scientist, medical organizations and AI can create the vaccine to protect us from the virus, we, as professionals leading enterprises, shall think about how we can leverage AI for a stronger enterprise for future.

[End]


Jun – Greeting from Silicon Valley, California! I am Jun and run a consulting firm to support Japanese companies that drive and create innovation solutions by leveraging technologies like AI.
Let me know your thoughts, topics you will like to know.

Jun S Hibbard
現在米国カリフォルニア シリコンバレーを拠点にし、シリコンベレーを始め、海外のベンチャー企業、新しい技術とビジネスモデルの情報を収集し、日本のクライアントと協力し、オープンイノベーションを推進しています。
<主な職歴>
現 (米)スマート イノベーションCEO
GE DigitalインダストリアルIoTパートナー新市場開拓事業部 部長
Ciscoアジアスマート事業部パートナー戦略 リーダー
ベンチャー eWingsTech 副社長
<教育と資格>
上海交通大学コンピュータ科学専攻 卒業
米国マサチューセッツ工科大学MIT AI(Artificial Intelligence)ビジネス戦略プログラム 修了


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*